症例詳細

心不全

診療科目 循環器科 
症例の概要

様々な心疾患により、心臓のポンプ機能が低下することで体が必要とする血液を心臓が送り出せない状態を心不全といい、呼吸困難や咳などの症状が出てきます。

症例について

様々な心疾患により、心臓のポンプ機能が低下することで体が必要とする血液を心臓が送り出せない状態になります。

この状態を「心不全」と言います。

わんちゃんに多い後天性の心疾患である僧房弁閉鎖不全症も年単位の経過を経て、この心不全に至ります。

左心不全になると左心室から大動脈へ血液が十分送り出せなくなるので左心側に血液がたまります。

それにつれて肺からの血液が左心房に入りづらくなって、しだいに肺うっ血が起こり、その結果、呼吸困難となります。

 

 

一方、右心不全になると右心室の収縮力が弱まる結果、肺動脈へ血液が送り出せなくなり、右心室・右心房に血液がたまっていきます。

それにより全身の静脈血が心臓へ戻れなくなり全身にうっ滞していきます。

うっ滞した血液の血漿成分が抹消静脈からにじみ出て、浮腫(むくみ)を呈します。

 

心不全の結果起こりうる症状に対しては各々治療していきますが、特に、左心不全により肺水腫を生じ、呼吸困難を呈した場合は緊急の対応が必要となります。

 

左右のレントゲンを比較すると、左のレントゲンでは肺野が白っぽくなっています(肺水腫)。

病状が悪化すると肺に水がたまり、呼吸が苦しくなります。

この状態では呼吸数が増加するため、呼吸数は日頃からわんちゃんの病状を把握するためのひとつの目安となります。

呼吸数は自宅で簡単に測定できますので、安静時の呼吸数をこまめに確認していきましょう。

 

安静時の呼吸数の測定

*呼吸数:1分間に何回呼吸をしているか。

興奮時や緊張している場合は呼吸数が上がります。安静時の呼吸数を測定しましょう。

*わんちゃんが寝ている、または落ち着いていることを確認。また測定は、可能な限り毎回同じ時間帯で行いましょう。

*胸を見て、上下しているのを確認。胸が上がって下がった状態を、1回の呼吸と数えます。

*15秒間、呼吸数を数えます。それを4倍すると呼吸数となります。

*通常、安静時呼吸数は10~30回が目安です。

 

普段に比べて安静時の呼吸数が増えているとき。これは肺水腫が起こっている可能性を示唆する一つの、とても大事な指標になります。

肺水腫は短時間で死に至ることもある疾患です。

少しでも早く気付けるよう、普段から呼吸数を測定していきましょう。

呼吸数が増えていれば、咳などがみられなくても早めにお連れしてください。

 

淀川中央動物病院 獣医師 本田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ