症例詳細

免疫介在性溶血性貧血

診療科目 内科 
症例の概要

免疫介在性溶血性貧血は、免疫の異常によって、自らの血液(赤血球)を異物と認識し、体内で赤血球が破壊されて貧血が起こる病気です。

症例について

免疫介在性溶血性貧血は、命に関わることも多い血液疾患です。

免疫の異常によって、自らの血液(赤血球)を異物と認識し、体内で赤血球が破壊されて貧血が起こります。

原因がはっきりとわからない場合が多いですが、中には他の基礎疾患(感染症、寄生虫性疾患、腫瘍性疾患、薬剤、不適合輸血)によって起こる二次性のものもあります。

 

貧血によって元気や食欲が低下したり、呼吸が荒くなったりします。

重度の貧血では歯ぐきや舌の色が白っぽくなります。

また“黄疸”といって皮膚や白目が黄色っぽく見えたり、尿が濃いオレンジ色や茶色になったりすることもあります。

この病気は突然起こることも、数日かけて進行することもあります。

 

“球状赤血球”(矢印)が血液中にみられるようになります

 

 

治療として次のことを行っていきます。

①免疫を抑えることによって貧血の進行を止める治療

②合併症を抑えるための治療

実際には貧血の進行によって死亡することよりも、合併症によって命にかかわることが多いのが現状です。

合併症で最も多いのは血栓塞栓症です。

これは血管の中で血栓ができ、詰まってしまう病気で、突然死を引き起こすこともあります。そのため抗血栓療法を行っていきます。

また、動物の状態に合わせて、輸液、輸血、酸素吸入なども行っていきます。

 

貧血から回復した場合でも再発させないようにすることが大切です。

免疫抑制治療を短期間で終了すると再発してしまうことが多く、再発症例での治療に対する反応は悪いことが多いです。

症状や血液検査の結果が良くなっても、再発を予防するためにしばらくの間は薬を内服する必要があります。

 

免疫介在性溶血性貧血は死亡率が高い疾患で、状態がある程度安定している場合でも急な変化や突然死が起こり得ます。

先日この病気を発症したミニチュア・ダックスの女の子も、免疫抑制療法、抗血栓療法、輸血、輸液、酸素吸入などできる限りの全ての治療を行いましたが、播種性血管内凝固を合併し、亡くなってしまいました。

残念ながら現状では定期検査での発見や予防ができる疾患ではありません。

しかし早急な対応が必要な疾患ですので、飼い主のみなさんの“目”がとても大切になります。

歯ぐきや舌、尿の色の変化に気づくこともありますので、日頃からそれらに変化がないか気にしていきましょう。

 

 

淀川中央動物病院 本田

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ