症例詳細

会陰ヘルニア

診療科目 外科 
症 状 ヘルニアと言うと「腰」をイメージしてしまいますが、ヘルニアの本来の意味は「飛び出ること」
ですから会陰ヘルニアは「会陰」と言う場所の「飛び出し」と言うことになります。ちなみに椎間板ヘルニアは椎間板の飛び出しと言うことになります。
見た目から「肛門の横が腫れている」とおっしゃって受診をされる飼い主さんが多いです。
その他にもウンチがでない、もしくはしようとすると痛がる、オシッコが出ないといったケースもよく遭遇します。
症例の概要

「会陰」は尻のあたり肛門の周りのことを言います(尾椎と坐骨の間の空間)。その会陰部を覆っている筋肉が萎縮して隙間ができ、そこから大腸や膀胱などの臓器が皮膚の下に飛び出してしまう病気が会陰ヘルニアです。

検査結果

~直腸検査~指に潤滑ゼリーをつけて肛門に指を入れてみると、本来なら真っ直ぐに大腸にそって指がスーッと入るはずなのにいきなり横に折れ曲がった大腸の壁があり中に入れにくいことが多いです。そして直腸周辺の筋肉が委縮しているため「空洞感」があります。その他に膀胱や肥大した前立腺(会陰ヘルニアは去勢されていない中高年がほとんどです)が飛び出しているケースもあるので画像検査と合わせて診断を進めて行きます。

治療方法

この病気の治療はあいた孔を塞ぐことが目的なので外科手術です。

またその原因の一つと言われている男性ホルモンを抑えるため「去勢手術」も同時に行います。

〈手術の写真〉

皮膚を切開するとポッカリとあいた孔が認められます

 

手術であいた孔を塞ぎます。今回は骨盤にくっついている「内閉鎖筋」を反転させて塞ぐ術式で行いました

手術の方法はいくつかあります。総鞘膜法、内閉鎖筋肉反転術、人工物での閉鎖などが一般的です。

 

症例について

当院ではその子その子の状態に合わせて術式を選択しています。

会陰ヘルニアは状況によっては早期に手を打たなければならない疾患です。特に膀胱が脱出して排尿困難を起こしている場合は手遅れになると尿毒症になり死にいたるケースもありますので、様子がおかしいと思われたらすぐに病院へお連れ下さい

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ