症例詳細

乳腺腫瘍

診療科目 腫瘍科 
症例の概要

メス犬の乳腺腫瘍のうち、約50%は良性、残りの50%は悪性です。一方、メス猫の乳腺腫瘍は、約80〜90%が悪性です。また、犬の乳腺腫瘍の10%以下の症例では、炎症性乳がんと呼ばれる、極めて悪性度が高く、予後不良な病態を発症することがあります。

症例について

乳腺腫瘍はメス犬にとって最も一般的な腫瘍です。その発生リスクは、早期に避妊手術を実施することで明らかに低下します。

 

<避妊手術の時期と乳腺腫瘍の発生率との関連>

●初回発情前      0.5%

●1回目と2回目の間    8%

●2回目の発情後     26%

●2.5歳以上      予防効果なし

 

メス犬の乳腺腫瘍のうち、約50%は良性、残りの50%は悪性です。一方、メス猫の乳腺腫瘍は、約80〜90%が悪性です。また、犬の乳腺腫瘍の10%以下の症例では、炎症性乳がんと呼ばれる、極めて悪性度が高く、予後不良な病態を発症することがあります。

 

診断は、視診と触診により行います。できものが乳腺腫瘍なのか、他の腫瘍なのか、またリンパ節転移しているのか等を確認するために、針吸引生検が勧められますが、通常、細胞診では良性と悪性を鑑別することはできません。その他、腫瘍のステージ分類を行うために、血液検査や胸部レントゲン検査(肺転移の有無)が勧められます。

 

 

一般に、乳腺腫瘍に対して推奨される治療は、外科手術です。犬の乳腺腫瘍での手術方法は、腫瘍の部位や大きさなどにより決定します。一方、猫の乳腺腫瘍では、腫瘍の大きさに関わらず、積極的な切除(両側乳腺切除)が勧められます。

 

乳腺腫瘍は、外科治療により完治することができますが、乳腺組織がある部位には新たに腫瘍ができる場合もあります。どういった方法で治療していくのが良いか、患者さんそれぞれの年齢や腫瘍の大きさ、悪性所見等に基づいて治療プランを考えていきます。

腫瘍が大きくなると全身に転移するだけでなく、腫瘍部位の痛みも生じることがあります。乳腺腫瘍は身体検査で発見することが可能ですので、定期的に検診にご来院ください。

 

淀川中央動物病院 本田

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ