症例詳細

両股関節脱臼

種 類 トイプードル
年 齢 11歳
診療科目 外科 
症 状 昨日の朝方に急に悲鳴を上げて手足をバタつかせホームドクターを受診。両股関節脱臼と診断し当院へ紹介されました。

検査結果

来院時には両後肢を完全に曲げて、前足はしっかり着地できているが歩行できない状態でした。

レントゲン検査にて左大腿骨が後腹方向に変位した股関節脱臼を認めました。

非観血的整復術(用手にて)を行い一時は整復されましたが安定性がなく直ぐに脱臼。

右側はかろうじて関節窩にはまっていましたがほどなくして再脱臼しました。

治療方法

犬_胸部_VD_4kg       犬_股関節_VD_6kg

 

 

股関節の安定化が必要と判断されたため、両後肢の股関節安定術を実施。

トグルピン法にて整復しました。

トグルピン法:関節包が重度に損傷している場合や早期に脱臼した肢を使用したいときに選択される術式。骨窩~大腿骨頚~第三転子稜を貫通する通り道をドリルで作り、骨盤腔内に設置した留め具(トグル)とジョイントした太い非吸収糸を通し固定。それにより股関節は安定し再脱臼を抑える。今回は0.045インチのKワイヤーを加工し作成した留め具と太いナイロン糸を使用した。

その他術式:合成関節包修復法、経関節ピン法、創外固定法、三点骨盤骨切り術、大転子転移術、大腿骨頭切除術

術後の経過

術後の経過は良好で、手術前より痛みが無くなったせいか顔つきも明るくなった方に感じました。

 

獣医師 菅木

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ