症例詳細

フィラリア予防

診療科目 リハビリ・予防医療科 
症例の概要

蚊を介して感染する寄生虫、フィラリアのお話です。

蚊の唾液に含まれるフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)は蚊の吸血によって犬に感染し、駆徐されないまま犬の体内で成長すると、3~4カ月後には心臓に移行します。

症例について

暖かい季節がやってきました。と同時に蚊の出る季節になりました! 今回は蚊を介して感染する寄生虫、フィラリアのお話です。

蚊の唾液に含まれるフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)は蚊の吸血によって犬に感染し、駆徐されないまま犬の体内で成長すると、3~4カ月後には心臓に移行します。そして、さらに心臓で成長し、感染約半年後には親虫となって、血液中に子虫を産出するようになります。この親虫は『そうめん』のように細長い形で、体長はオスで15cm、メスで30cmにもなり、全身に血液を送り出すという心臓の働きを邪魔してしまいます(フィラリア症)。こうなるとわんちゃんは食欲が減ったり、疲れやすくなったり、咳が出たりといった症状が現れ、また、突然死することもあります。

そんな怖い病気を予防するために、わんちゃん達にはフィラリアの予防薬で予防していただいています。この予防薬というのは、わんちゃんに蚊を寄せ付けない薬でも、フィラリアが体内に入るのを防ぐ薬でもなく、『体内に入ってしまった子虫を親虫になる前に駆除する薬』です。そのため、蚊が出だしてから毎月1回のお薬が必要であり、寒くなって蚊がいなくなった11月末のお薬も、間の1カ月に感染してしまった子虫を駆徐するためにとっても重要です。この寒い時期のお薬をうっかり忘れてしまうと感染した子虫が冬の間に成長してしまいますからね。フィラリアは期間中きっちり予防してもらうと100%発症を予防することができる病気です。わんちゃんの健康のためしっかり予防していきましょう!

また、予防を始める前には必ず『フィラリア検査』をさせて頂いています。この検査では、血液中の子虫を調べることで、犬の体内にいる親虫の存在を検出しています。この他、抗原検査によって検出する方法もあります。もし、親虫が体内にいる状態でいつものように駆虫すると、親虫や親虫から産まれたたくさんの子虫が一度に死ぬことでわんちゃんがショック症状をおこしてしまいます。なので、検査で親虫の存在がわかった場合には、その子の症状や状態に合わせて治療および駆徐が必要となってしまいます。やっぱり予防で防げるのが1番ですよね。

当院では、錠剤タイプ・おやつタイプ、スポットタイプの予防薬を用意しています。ご家庭のわんちゃんに合ったお薬で、しっかり予防しましょう!

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ