症例詳細

フィラリア予防(1年間のフィラリア予防を今日してみませんか?)

種 類
診療科目 循環器科  内科 
症例の概要

フィラリア予防薬の注射を始めました。 一回の注射で一年予防できるので、いつでも注射が打てるようになりました。
春の予防の時期は混みあうので冬の間に予防しませんか?

症例について

もうすぐ春ですね。

ワンちゃんの予防の季節です。今回はフィラリア予防についてのお話です。

フィラリアとは別名犬糸状虫といい、蚊が媒介する寄生虫のことです。フィラリアに感染すると心臓や肺に寄生し、重篤な症状を引き起こします。

蚊が感染犬を吸血するときに血液と一緒にフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)を吸い、蚊の体内で成長し、感染幼虫となります。蚊が犬を吸血売る際に体内に感染幼虫が侵入し、犬の体内で脱皮を繰り返しながら成長し3~5カ月で心臓や肺動脈に寄生します。

フィラリアの予防薬は、ミクロフィラリアをやっつけて心臓に寄生しないようにしていくための薬です。このため毎月投与して寄生しないように薬を飲ませていくのが基本でしたが、近年安全性の認められた注射薬が登場し、本院でも接取を開始しました。この注射薬は一年間効果があるので冬の時期に予防を済ませると、混みあう時期を避けられるので、お待たせする時間を短縮できると考えております。

注射による予防にご興味がある方、念のため体調の良い、様子の見れる日の午前中に来院していただくようお願いします。

また、感染しても半年感は検査で確認することができません潜伏期間を見逃さないためにも年一回の検査を受けしっかり予防していきましょう。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ