症例

症例一覧

前立腺炎

前立腺炎には急性型、慢性型があり、慢性型には潜在的に進行するケースもあります。 特に、未去勢オスにはみられがちです。症状がなくても定期的に画像検査を行い確認することをお勧めします。

施術詳細を見る

誤食 胃切開にて異物摘出

無麻酔CTで胃、十二指腸内異物を発見し開腹手術にて摘出した症例です。

施術詳細を見る

蛋白喪失性腸症

蛋白漏出性腸症の症例に対し、プレドニゾロンとシクロスポリンの加療によって良好な管理が得られている。

施術詳細を見る

健康診断の重要性

健康診断に画像検査は必要なのでしょうか?よく頂戴するご質問にお答えします。

施術詳細を見る

ブラ(肺胞破裂により生じた空気の貯留)

今回は少し珍しい症例があったので報告します。

施術詳細を見る

腎周囲偽嚢胞

腎周囲偽嚢胞は腎臓周囲の膜と腎臓の間に液体が溜まる疾患である。

施術詳細を見る

不正咬合

乳歯遺残に伴う不正咬合を呈していた若齢の犬に対し、歯冠短縮を行った。

施術詳細を見る

誤食

去勢手術の前の術前検査で異物を発見しました。

施術詳細を見る
1 / 3112345...102030...最後 »