症例

症例一覧

猫の抜爪

最近、よく問い合わせいただく❝猫の抜爪❞についてお話します。

施術詳細を見る

紐の誤食

今回の症例は腸管にダメージが出る前に処置が行えた極めて稀なケースです。

施術詳細を見る

猫の多発性嚢胞腎

猫の多発性腎嚢胞はペルシャの家系で多い遺伝病の1種である。 臨床的には両側性の腎嚢胞形成による腎不全として認められる。 本症例は腎臓だけでなく肝臓および膵臓にも多数の嚢胞を作る非常に珍しい症例であった。

施術詳細を見る

猫の健康診断

4年前に肺動脈弁逆流を認めた猫における、定期健診の一環としてスクリーニングの画像検査を実施した。

施術詳細を見る

尿道閉塞から膀胱結石除去手術

膀胱結石があり尿道閉塞を起こしたため、膀胱結石切除行いました。

施術詳細を見る

最新CT,MRI装置導入進捗状況

CT,MRI本格稼働までもう少し!現在の進捗状況をお知らせします。

施術詳細を見る

鼠径ヘルニア

犬の鼠径ヘルニアはほとんどが無症状であり、小さなヘルニアでは気づかれないこともある。しかし膀胱や腸管が入り込み嵌頓した際には重篤化することがある。

施術詳細を見る
1 / 2912345...1020...最後 »