症例

症例一覧

しっぽの先のできもの

皮膚の腫瘤、今回はしっぽの先にできた腫瘤に対してどうアプローチしていくかお伝えします。

施術詳細を見る

慢性腎臓病

今回は高齢猫で多くみられる慢性腎臓病について紹介します。

施術詳細を見る

犬の副腎皮質機能低下症

副腎は左右の腎臓のそばに存在する内分泌器官です。副腎は体の恒常性を維持するために不可欠な糖質コルチコイドおよび鉱質コルチコイドと呼ばれるホルモンの合成と分泌を行っています。副腎皮質機能低下症ではこれらのホルモンが不足することにより、元気消失、食欲の低下、多飲多尿(あるいは乏尿)、嘔吐、下痢、体重減少などの症状が認められます。

施術詳細を見る

猫の糖尿病

猫において多飲多尿を示す疾患は多数ありますが、今回はその中の一つ「糖尿病」の症例について紹介します。

施術詳細を見る

網膜剥離 眼底疾患

先天的な視神経乳頭低形成があり、高血圧からの出血で今回の症状が出たと考えられます。

施術詳細を見る

猫の消化管好酸球性硬化性線維増殖症

猫の消化管好酸球性硬化性繊維増殖は2009年に報告された疾患で、まだあまりわかっていないことが多い病気です。 かなり大きな腫瘤を形成するため腫瘍を疑って生検されることが多いですが、腫瘍性病変ではなく炎症性病変です。

施術詳細を見る

破折した(歯が欠けた)際の治療例

今回は破折症例に施術した直接歯髄覆罩術についてご紹介します。

施術詳細を見る

ハムスターの膿瘍

一般状態悪化を伴った膿瘍について

施術詳細を見る

チョコレートの誤食

チョコレートによる中毒はチョコレートに含まれるテオブロミン、カフェインなどのメチルキサンチンの過剰摂取により生じる中毒で、神経の興奮作用や強心作用による中毒症状を起こします。

施術詳細を見る
1 / 2212345...1020...最後 »