症例

症例一覧

潜在精巣

犬の潜在精巣を放置しておくと、セルトリ細胞腫やセミノーマの発生頻度が高くなります。このようなリスクを回避するためにも、なるべく早期に両側の精巣を摘出してあげることを推奨します。

施術詳細を見る

右中手骨骨折

落下して右中手骨を4本骨折した症例です。

施術詳細を見る

リンパ腫疑い

呼吸速迫を呈した猫に対してリンパ腫と暫定診断の上、試験的な化学療法を実施し現在は小康状態を保っている。

施術詳細を見る

犬の尿石症

今回は犬の尿石症について解説します。

施術詳細を見る

大動脈血栓塞栓症

動脈に血栓が詰まり急に両後肢の麻痺を起こした症例です。

施術詳細を見る
1 / 3612345...102030...最後 »