症例

症例一覧

外傷による腫脹

本症例では同居犬とのけんかの後から症状が出たため、けんかによる外傷が強く疑われた

施術詳細を見る

会陰ヘルニアについて

高齢で未去勢雄は会陰ヘルニアになりやすいので、予防や再発防止には去勢手術が必要です。

施術詳細を見る

全耳道切除、鼓室包切開術

慢性外耳炎を繰り返し、全耳道切除、鼓室包切開術を施した症例について紹介します。

施術詳細を見る

10階から落下した猫

猫ちゃんはよく落下事故をおこします。事故で担ぎ込まれたとき、獣医師はどのようなことを考え診察をしているのでしょうか?

施術詳細を見る

腸腺癌

高齢猫の嘔吐・下痢症状の原因が、上腹部腫瘤と疑われた為、試験開腹にて腫瘤を含めて腸切除した。現在、嘔吐は止まり経過は良好であるが既に転移しているので注意深く経過観察中である。

施術詳細を見る

猫の骨折

右前肢の痛みを主訴に来院  橈尺骨粉砕骨折をレントゲンにて確認し、手術をした症例です。

施術詳細を見る

マラセチア性皮膚炎

マラセチアは皮膚に存在する常在菌ですが、皮膚の状態や分泌物のバランスが崩れることにより過剰繁殖し皮膚炎や外耳炎を引きおこす酵母菌です。

施術詳細を見る

フェレットのインスリノーマ

インスリノーマはフェレットに多い病気の一つです。

施術詳細を見る

膀胱結石

血尿で来院され、検査すると膀胱結石が多数あり、膀胱切開により結石を除去しました。

施術詳細を見る
1 / 2712345...1020...最後 »