看護師ブログ

今年のコタツ

スキャン_20181025最近昼夜の寒暖差が厳しくなってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

看護師の松本です。

これからの季節、わんちゃんもねこちゃんもコタツや布団に潜り込む事が増えてくる時期ですね。
以外に気を付けておきたいコタツや布団について今回はお話ししたいと思います。

 

1つ目は熱中症です。
人と同じくわんちゃん、ねこちゃんも寒くなると飲水量が少なくなる傾向にあります。
そのため体が脱水症状にもなります。
他にも彼らは少し暑いと感じてもなかなか出てこないという事もありそれが追い風になることもあるのです。
一番はコタツ、布団に入れないということですがそれはなかなか難しいと思います。
そんな時は私たち人が定期的に出してあげるなど管理してあげる事が一番です。

それに加えてお水を飲まない子は少し暖かい飲み水を準備してあげると飲む事がありますし、ドライフードと一緒に缶詰を与えたりお湯でふやかしたりなど工夫することで必要な水分を取ることもできます!

2つ目に気をつけてあげたいものは外耳炎です。
耳は特に垂れ耳さんの子はより注意が必要です!
暖かいところに長時間いると耳の中は蒸れてしまいます。
お風呂にカビが生えやすいのと同じく暖かく蒸し蒸ししている所は細菌にとってはとても過ごしやすい環境なのです。
当院の垂れ耳の患者様の中には頭の上で耳を優しく挟んで耳の中に湿気がこもらないようにしている方もいらっしゃいます。

スキャン_20181025

耳を痒がる1つの目安としてよく頭をふる、手足で耳の辺りを気にする又は掻きむしる。

床で頭をスリスリするなどです。

スキャン_20181025 (2)

 

これからの時期は夏とは違う新しい所に注意してくださいね。
耳のお手入れは苦手な子も多いので悪くならないに越したことはありません。
楽しく快適にこの冬を迎えましょう。

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ