看護師ブログ

「誤食」について

こんにちは。看護師の烏野です。

最近は暑かったり寒かったり、、、体が追いつきません。。

動物たちの体調の変化にも気をつけてくださいね^ ^

 

さて、さっそく少しお堅い話になりますが、、タイトルの誤食についてお話したいと思います。

まず誤食とは文字通り誤って食べてはいけないものを食べてしまうことですね!!

実は最近この誤食で来院される患者さんが増えています。(>_<)。。。

 

急に食欲が無くなった、頻回に嘔吐する、元気がないなどさまざまな症状に気がつきオーナー様は来院されます。

吐き出させる処置もありますが動物に取って身体の負担にもなりますし、物によっては食道や喉を傷つけてしまうので簡単に処置をすることができないことがあります。

また時間がたったりひどい場合はお腹の中の胃や腸を切って異物を取り出すということになります。

もちろん命に関わることも少なくありません。

これをなくすにはオーナー様の注意が特に必要となります。

まずは動物が食べてはいけない物(チョコレート/玉ねぎ/人体薬など)を動物の手や口の届くところに置かないこと。

プラスチックや布など歯でちぎれるおもちゃなどで遊ばせる場合は目を離さないこと(特に子猫子犬など幼い子たち)。

がすごく大切になってきます!

オーナー様の少しの注意で愛する家族を救えます。

このブログを読んでいただいて少しでも「うちの子そういえばなんでも口にする癖あるな。もう少し気をつけよう。」

と、思っていただけると嬉しいです!!

今まで以上に注意して誤食を防ぎましょう(^∇^)

 

 

 

 

 

 

 

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:00
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ