ホームケア情報

シニア期のお散歩♪

さて、今回はシニア期のお散歩についてご紹介。

現在当院で行っているシニアLABでも一度取り上げたテーマですが、シニア期に突入してしばらくすると、色々な理由でお散歩に行きたがらなくなったり、飼い主さんもわんちゃんの様子を見て「もういいかな…」と考えることが増える気もします。

実際、お散歩って必要なの?…というお話をしていきたいと思います。

 

シニア期になって飼い主さんがお散歩をやめたくなる理由はいくつか考えられます。

●わんちゃんが歩きたがらなくなった

●わんちゃんがお散歩の時楽しそうに見えない

●足(骨や関節)の病気で行けなくなった

●飼い主さん自身がお散歩を楽しく思えない などなど…

 

例えば、膝や股関節のトラブルがあって、獣医師から「お散歩STOP」の指示があれば、もちろんそれには従ってもらう必要が出てきます(無理に行ってしまうと関節などの悪化につながりかねません)

pet_kega_kossetsu

 

 

 

 

 

そうではないとき。

例えば、楽しみやお散歩の意義が見いだせないときには、少しの考え方の工夫・発想の転換でお散歩が楽しくなるかもしれませんので、一緒に考えてみましょう!

 

では、シニア期のお散歩のメリットとは何でしょうか?

 

◎筋力維持

歩かないと(使わないと)筋力はどんどん落ちていきます。特に、シニア期はそれが顕著。

人でもそうだと思いますが、「自分で行きたいところに行ける」「行動したいことができる」と、日常生活はイキイキとしますよね。

筋力が落ちてくるとよろけたり、長時間歩くのは難しくなったりすることもあるかもしれませんが、そういう時にはお散歩の内容・飼い主さん側のサポート体制を強化してあげると、お散歩も行きやすくなります(後でお話しますね♪)。

 

◎脳への刺激

お家の中はもちろん自分の安心できるところ。リラックスできますね。

ただし、「いつもと違うものに触れる」という観点では、お散歩には負けてしまうこともあります。

外には、春なら桜やぽかぽかした気持ちのいい天気、秋には落ち葉の踏みしめる感触が楽しかったり、いつもとは違う人に出会ったりと様々な刺激が日々起こりえます。

お家でずーっと寝ている…という子の場合、刺激が少なくなってしまい、「生活のハリ」が足りなくなっちゃうかも?と思うと、お散歩って楽しいものだと思えると思います。

特に四季の変化は、わんちゃんがいつもとは違う色々な表情・仕草を見せてくれることがあるので、わんちゃんだけでなく、飼い主さんも楽しめます。

NS601_dog-thumb-autox1600-14063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎コミュニケーション

シニアLAB開催時にお伺いすることが多かったのが、「シニア期のわんちゃんと暮らしている時の悩みをどこで共有すればいいのかわからなかった」という事です。

お散歩をやめてしまうと、その分、飼い主さん自身が新たな「犬友達」を作るきっかけをなくしてしまったりして、お家の中で一人(または家族とだけ)悩みを共有するしかなくなってしまうことも。

お散歩の時に飼い主さん仲間がいると、わんちゃんたちの情報共有(「あそこのドッグラン良かったよ!」「あの病気の時はこうしていたよ!」など)ができるので、孤独感が薄れる事もあります。

 

では、楽しくお散歩するための工夫を少し。

 

●足がもたつきはじめたら、首輪からハーネス利用へ

転びそうになった時に、首輪だけだと首しか支えられず、転倒したり、首に負担がかかる危険性があります。その点、ハーネスであれば上半身部分を支えやすくなります。

少しずつ慣らしてあげましょう★

 

●苦手な場所はルート変更

もしも段差や急な坂道が苦手になってきたら、ゆるやかな道を選んであげましょう。

苦手な場所があって行きたくないという気持ちを示しているならば、お散歩の距離が改善されるかもしれません。

ゆるやかな坂道なら、後肢に程よい負荷をかけて筋力の強化につなげられることもあるので、状況に応じて試してあげてください。

 

●外は苦手!な子なら室内で出来る遊びを取り入れてみる

お家でできる遊びを取り入れることで脳への刺激につなげることもできます。

飼い主さんが隠れてわんちゃんが探す「かくれんぼ」、おいしいものを隠しておいてそれを探し当てる「宝探し」なども、飼い主さんの演技力で楽しい遊びに早変わりします!

また、室内でペットボトルやタオルを丸めたものなどの障害物を作り、ジグザグに動くルートを作ったり、地面に置いてある物を足をしっかりあげて乗り越える動きなどをして、「足を動かす」ことを意識しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

シニアLABのときの写真です

 

 

 

 

 

 

 

お散歩の工夫はまだまだたくさん。

今の時期なら地面の落ち葉を踏みしめて足裏でその感触を楽しんだり、踏みしめた時のカサカサという音を聞いたりすることも十分な刺激になりますよ☆彡

楽しいお散歩をしてみたいときはぜひご相談くださいね。

dog0096-023-2

淀川中央動物病院

〒532-0002 大阪市淀川区東三国6-12-6
地下鉄御堂筋線「東三国駅」北口から徒歩10分

年中無休
午前診 9:30~12:30
午後診 16:30~19:30
  • 病院へのアクセス
  • お問い合わせ番号
  • 病院へのアクセス
  • よくある質問
淀川中央動物病院の案内へ